HOME 治療方法 と 診療料金 お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2019.07.23

手指のしびれや痛み「手根管症候群」について

先日NHK健康チャンネルで“手が痺れる”手根管症候群について話しているのを見ました。
正中神経を圧迫されることで起きる病気との事でした。

 

手首の骨折や手のむくみ、糖尿病などの病気でも起きるそうです。
手首の手のひら側は手首の骨の集まりがトンネルというかアーチ状になっていてその中を正中神経が通っているのです。

その他,結合組織や二の腕から手のひらに腱が通っていていっぱいになっています。

 

キャプチャ

出典:
NHK健康チャンネル「小指以外の手指がジンジンしびれる手根管症候群とは」

 

手首の骨折は治す時に骨を元の形に整え、
ずれない様に1ヶ月程きちんと固定し治します。
長く固定して外した時に、関節は動かなくなっています。
手首が固まってしまった状態です。
それが正中神経を圧迫して親指と人差し指、中指、薬指の縦半分に
痺れを起こすことになります。

 

手のむくみもそうです。
手根管内に水分*が多く集まり充満すると
正中神経を圧迫することになり、
同じくしびれが起き始めます。

 

*苗が細胞、水が体液といったイメージになります。

1代替案

 

手根管内の固まりや圧迫は周りの組織の液体、
組織液を固まったところの内部にお水を送り込む様にすれば
塊が潤いを持ち始め徐々に柔らかさを回復してゆきます。
骨折後の治療はこうして動きを取り戻します。

 

むくみもまた、滞っている組織液(水分)を強制的に
末端に送るように仕向けることで流れを回復させむくみから開放させます。

 

この技術が筋矯正術という長尾施術所の治療法です。

 

▶詳しくはこちら

 

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
長尾施術所(旧 槇之内接骨院)
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
<長年に渡るつらいギックリ腰>A.Aさん 43歳 保育士の治療実績
PAGE TOP