HOME 治療方法 と 診療料金 お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2021.04.27

身体のお水⇒体液の存在

“人間の身体は殆んど水分でできている”
とよく言われますが、その通り本当に水分(体液)だらけです。
身体のミクロの世界では水の中に細胞が浮いている状態です。
細胞の周りのお水が細胞の中に入ったり出たりしています。
このお水が細胞を支えています。
細胞液と組織液(体液)の関係です。

体液は動物の生命を支える大切な液体、お水です。
このお水は身体の何処にでもあり、
血液と一緒になってそれぞれの働きを担っています。
末端の組織では役割は違いますが、血液と一緒になって働いています。
体液は無色透明で血液は赤く染まっているため、皮膚の下は赤く見えます。
皮膚の下に綿状の結合組織と呼ばれるものがあり、
その中にもお水はたっぷりと含まれています。
血液の赤が目立つため”体液、お水“は単体では確認しづらく、存在感がありません。

3919581_s

皮膚が傷つき破れた時、中から血液と一緒に透明な液体も出ていますが
赤い血液と混合状態のため確認できず血が出たといいます。
傷口から血が出て血が止まる頃、透明な液体が残っています。
これがお水(体液)です。

組織の硬くなった部分を柔軟な状態に戻すため、
この体液をコントロールする事が、
身体を治療するという事と考えています。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
長尾施術所(旧 槇之内接骨院)
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
身体を動かす (筋肉の働き)
PAGE TOP