HOME 治療方法 と 診療料金 お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2022.04.05

“未来を見据え、過去を踏まえた、現在の治療”

 

未来を見据え、過去を踏まえた、現在の治療

 

人は1歳で立ち上がり、いろいろな出来事を経験し、

活動をしながら成長、毎日を生きて行きます。

 

生きる歩みはあなたの健康な身体です。

身体の活動は、頭脳と五感、身体を動かす筋肉です。

 

身体を動かす、運動をする、身体を支える、姿勢を保つ、

すべて筋肉が担当しています。

 

立つ事だけで、身体を支えるため

たくさんの筋肉がリアルタイムで働いています。

しかし、人はその筋肉の働き、動きを感じ取る事が出来ません。

感じないからといって、負担がない訳ではありません。

筋肉の活動は無感覚な働きをしているからです。

 

例えば、腕を上に上げる時、

「さあ、この筋肉を使って腕を上げよう」と思いながら、

腕を使う人は一人もいないという事です。

 

無自覚に意識するだけで、腕が自然に動き出し上がります。

そこには筋肉を働かせ様とする意識が入り込んでいません。

また、働きの痕跡すら残しません。

 

筋肉を使うという自覚もありません。

 

これが筋肉本来の働きです。

立っているだけで筋肉は仕事をしています。

「私は何もしていないのに・・・。」

と、よく言われますが、身体(筋肉)はしっかりと働き、活動しています。

 

1つの動作でも、全身の筋肉が関与、サポートし働いています。

これを、毎日、365日、3年、5年、10年、30年、50年、70年・・・。

と、一生続けています。

 

さて、

未来を見据え、過去を踏まえた、現在の治療とは。

 

身体を使い活動すると疲れます。

疲れは睡眠をとり、身体を休める事で回復しますが、

元通りの回復に至りません。少し残ります。

 

少し残った身体の疲れは、

知らず知らずの内に溜っていきます。

疲れは筋肉の硬さとなって現れ、

疲れの限界に達すると、

「もう、これ以上使うと壊れてしまうよ。」と

悲鳴を上げます。

この悲鳴が痛みの現象です。

 

それを押して無理を続けると

首、肩、腰に集中し、筋肉は硬さを増し、

慢性的な肩凝りや腰痛が始まります。

 

姿勢を保つだけで負担は大きく

運動や活動の動きはより以上の負担を強いるものです。

 

人生を歩む中で、疲れがどんどん溜まり蓄積されます。

 

過去を踏まえるとは、

この様な背景を、身体から読み取る事です。

 

今現在起こっている目の前の出来事は、

(急性の外傷を除いては)

殆んど過去の蓄積が原因で起きています。

 

過去に起きた怪我や疲れの痕跡を読み取り、

身体の何処をどう回復させるかは、

未来を見据えた治療手法に掛かっています。

 

これが

“未来を見据え、過去を踏まえた、現在の治療”

いうタイトルになります。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
長尾施術所(旧 槇之内接骨院)
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
筋肉の不具合(硬くなる。又は固くなる。)
PAGE TOP