HOME 治療方法 と 診療料金 お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2014.07.15

突き指 TAさんの場合

【突き指の症例  TAさんのその後】
【治療期間】2014年7月9日
【症状の訴え】 左薬指が痛い。曲げづらい。
【患者さんの年代・性別】 16歳  男性
【患者さんのご来院エリア】 我孫子市 船戸
【原因】 右肩の痛みが、ほぼなくなったので、
久々に空手の稽古に出かけた。小学生を指導していた関係で、
顔を見せると、「みんな口々に治ってよかったね」と、大歓迎。
稽古の指導をしている時、やはり動きの感が鈍っていたのか、
小学生の正拳が、誤って左薬指にあたり、突き指をしてしまった。

——————————————————————–
《治療経過》
9日
右肩後ろの治療の途中で、「けいこ中に突き指をしました」と言われ、
肩の治療の終盤で、左薬指の治療に入りました。
関節周囲の小さな筋が緊張して、若干の腫れを伴い、
硬くなって、関節が曲げづらくなっている。

関節周囲の軟部組織を、ゆっくり緊張を解く様に手を入れる。
少し緩みかけて、関節の変化が、感覚的につかめるか聞いてみました。
「よくわからない。」
引き続き、治療を続行し、緩み感覚が、大きくなって来たので、
再度関節の変化を尋ねました。
「指が少し温かくなって、関節自体が緩やかで、ボヤッとしてきた。」
変化をはっきりとらえています。
充分に緊張状態をなくし、関節の位置調整をして、
指を、曲げてもらいました。
「ちゃんと曲がります。押しても痛くない。」
突き指をした指の関節は、元通りになりました。

——————————————————————-
【施術を終えて】
人間の身体は、痛みや、腫れなどの症状を出す事で、
怪我をした部分を守る、という習性があります。
そして、時間の経過と共に、痛いものは痛くなくなり、
腫れて動かしづらいものは、腫れが引き動かす事が出来る様になります。
自然の営みです。

この突き指も、自然の営みにより、時間がたつと、
強く曲げると痛みが出ますが、痛みや腫れが引き、動きが戻り、
日常生活には、余り影響しない状態になります。

しかし、前にも一度触れましたが、指を専門的に使う、職業の人は、
きちんと治した方が後々、悪影響に悩まされる事はなくなります。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
長尾施術所(旧 槇之内接骨院)
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
<長年に渡るつらいギックリ腰>A.Aさん 43歳 保育士の治療実績
PAGE TOP