HOME メニュー お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2014.05.27

腰痛 JKさんの場合

腰痛 JKさんの場合

【治療期間】2014年5月20日から21日まで
【症状の訴え】 腰痛、とだけ。
【患者さんの年代・性別】 42歳  男性
【患者さんのご来院エリア】 印西市 高萩

「腰痛なので、そちらで診て戴きたい」と、
お電話にて、予約なさり来院しました。
うつ伏せになって戴き、身体のどこが悪いか、ポイントをチェックしたところ、
気になる痛さ(主症状)は、右腰の筋肉にあり、
「元々は左側の方が痛かったのでしょう。」と聞くと、
一カ月ほど前から腰痛がひどくなって、
一週間程前、ストレッチをやっていて、右腰がピリッとして、
右側の痛みがひどくなったとの事。

—————————————————————-
《治療経過》
5月20日
 首から肩にかけてパンパンに張り固まった筋肉があり、
 時々頭痛がして、肩の凝りを自覚している様子が、ありありで、
 手を入れると、変化の反応が始まり、筋肉が動き出す。
 「『最近、仕事に対する集中力が、少し弱くなってきている』と身体は言っていますよ」
 と身体の様子を話しました。

 背中も張り詰めて、板をしょってる様な状態で、
 腰の左右に強張りを持つ、硬い筋肉層があって、
 以前からの、腰痛を物語っています。
 「時々、右のお尻から太ももが、つれませんか?」と手を入れると、
 ご本人も頷き、「時々、自覚症状がある」といった。
 各部位の筋肉がゆるむ様に、手を入れる。
 左右両腰の、硬い筋肉に手を入れる。
 腰痛の本体も、反応が早い。回復の手応えを感じる。
 ぎっくり腰になったかなと思われた、
 右腰のピリッと走った所は、傷がなかった。
 
 治療後、頭痛、肩の凝り、背中の板をしょってる様な張り、腰痛は、
 身体からすっかり消え、不思議そうに「痛くない」といった。
 顔はうれしそうに笑っていました。
 
 しかし、自覚症状が消えても、中の筋肉が変化しなければ、
 身体の改善は、本物ではない事を話し、
 何が悪くて腰痛が起きたのか、
 身体で理解する事をお勧めしました。

5月21日
 腰に違和感が少しあるけど、他は自覚症状がない。
 治療時は、首、と腰が非常に痛い様子で、
 痛みの元には、筋肉の硬い部分が、手に当たってきている。
 この硬いしこりがなくなる事で、首や腰が治ります。

—————————————————————–

【施術を終えて】
筋肉の不健康な程度が比較的少ない事から、
治療の回数が少なくて、回復が可能になっています。
中の状況に関わらず、症状がなくなれば治ったと思います。
硬い筋肉の残り具合で、再発の時期が変わります。

私は、
【筋肉の様子を感知して治療し、良好な状態に持ってゆき、改善を判定します。】
実際は中の硬い筋肉が、柔らかくなり、
裏付けのある回復となります。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
槇之内接骨院
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
【固くなった筋肉】
PAGE TOP