HOME メニュー お客様の声 店舗紹介 カラダの豆知識 よくある質問

HOME > カラダの豆知識

カラダの豆知識

2014.04.23

子宮筋腫のおはなし

フェリーチャ鍼灸治療院

 

子宮筋腫

 

乳ガンと並んで、近年増えている子宮筋腫についてお話します。

【現代医学的考察】
子宮筋層( 粘膜層(ねんまくそう)・筋層(きんそう)・漿膜層(しょうまくそう) ) = 全て平滑筋(へいかつきん)から発生する良性の腫瘍とされており、30代前後より増え、閉経すると発症率は低くなります。この為月経をコントロールするホルモン、エストロゲンの影響ではないかと言われております。

・粘膜下(ねんまくか)ー出血し易い・ガンになりやすい
・筋層内(きんそうない)ー最も多い
・漿膜下(しょうまっか)ー無症状・大きい

【東洋医学では】
肝の働き
1・血を貯める臓器
2・疎泄作用(そせつさよう)(中医)気血の流れをスムーズにして隅々まで行き渡らせます。

肝実証( かんじっしょう )( 陰実(いんじつ) )とは
血が熱せられる→冷える→お血→肝実お血・その他肺虚肝実証(はいきょかんじっしょう)・脾虚肝実熱証(ひきょかんじつねっしょう)と いう流れになります。また外邪(がいじゃ)(主に風・寒のよるもの) =「風」はウィルスによる疾患、「寒」は細菌性による疾患です。
肝実熱証(かんじつねっしょう)とは、現在は多くはストレス性が原因です。

腎虚肝実(じんきょかんじつ)とは腎臓の津液(しんえき)不足(体液・虚熱の発生)→肝臓に派生→お血の発生→筋腫(この場合は難治)

まとめますと
もともと「肝」「腎」の弱い体質の人(内因)や、外部要因としては、ストレスは胃にたまり肝臓へと移ります(外邪)。

金(肺)は木(肝)を克します( 脾胃(ひい)が正常に働かないと肝臓がよく働きません )。
よって、子宮に血液が送れなくなります。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

よくある質問

店舗情報

【店名】
フェリーチャ鍼灸治療院
【電話番号】
050-5851-5903
【住所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢608
【治療時間】
9:30~19:00
【休診日】
日曜日
【駐車スペース】
無  ※近隣のコインパーキングをご利用下さい

休診日カレンダー

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10
(祝)
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 休診日
PAGE TOP