HOME メニュー お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > お客様の声 > 肩こり

お客様の声

肩こりが和らぎ、日常生活に支障がなくなりました。

【T.K.さん 71歳 印西市木刈 在住】

【いきさつ】

昨年の10月からパソコンを熱心に行うようになり、今年3月頃から肩のハリ、コリがひどくなったことから、風邪を引いた際、内科医院で診てもらったところ、「心臓病から肩のハリ、コリが出る場合もある」ということから心電図等の検査をするも異常がなく、「整形外科で首を一度診てもらうように」と言われていた。

しかし、一時的なものだろうと思いパソコンも控えて様子を見ていましたが、一向に良くならないため総合病院の整形外科を受診し、検査の結果「骨には異常がありません。加齢からくるものですね。体を動かすように」との診察結果でした。

その頃には、顔を洗ったり、くしゃみをすると背筋が痛むほどとなり、日常生活にも支障が出るようになっていました。これは放置しても良くならないと思い、パソコンで探し「槇之内接骨院」へ駆け込みました。

【選択理由】

これまで、整形外科や整体・カイロプラクティック・鍼灸治療には何度も通院したことがありましたが、治療した際には確かに気持ちが良く、その都度それなりに治癒した感覚を持っていましたが、槇の内接骨院のブログにある「筋肉」に注目した医師や整体院等はありませんでした。

「しなやかな筋肉が豊かな活力と健康を作る」という先生のお考えに共鳴しました。

 

先頃105歳で亡くなられた医師の日野原重明先生が朝日新聞の週刊別刷りbeの連載「あるがままに行く」で「左手の薬指と小指が曲がらなくなり、内科医として半世紀以上の経験があるが、骨や筋肉の病気にはまるで素人だとわかった」と記しておられるように、筋肉に着目する医師は少ないというか、皆無に近いのではないでしょうか。

 

【治 療】

先生は治療を始めるにあたり問診を全く行わず、いきなり体中の筋肉を伸ばしたり、圧迫したりして躰のどこが悪いか、不具合はないかを探ることから始まります。

先生いわく、筋肉の最深部、深部、中間層、上層部のどこが原因か、指先で探れば患部や不具合の箇所が判るそうです。

しかし、特に躰の悪い箇所に当たれば相当な圧痛で、脂汗が出るほどの痛さです。

先生は、「このぐらいの痛さは我慢できるだろう」という限界点を勘案しながら治療(筋肉の圧迫)を進めており、根本的な治療につながることになるそうです。

患者が痛がれば、その治療方法を止めてしまうケースが多いのが一般的ですが、その方法では、「治療が長引き、根本的に治すことにはならないので再発の爆弾を抱えることになる」とのお考えです。

痛い箇所は、これまでの運動のクセや姿勢などの生活習慣が長年積み重なった結果やスポーツでの古傷などで筋肉が固くなってきたもので、この筋肉をほぐして修復状況を整え、不具合を調整することで豊かな活力と健康を生むという考えです。

治療も2回目、3回目となるに従い、痛みは少しずつ和らいで、時には痛気持ち良いという箇所も出てきます。

 

 

【治療結果】

小生の肩のハリやコリは2回目、3回目と受けるにしたがい和らいで来て、日常生活には支障がなくなってくるのが顕著となりました。

また、右足がうつ伏せに寝ると右側に傾き、両足そろって真っすぐにならないという躰の不具合がありましたが、足の付け根の筋肉が固まっているためということで、ほぐしていただいたところ3回目には両足がそろうようになりました。かなり固まっていたため、相当痛い治療でした。

 

【その他】

大阪府和泉市に住む医師の方が毎週1回、泊りがけで通院されていたり、口コミでの患者が多いのが特徴で知る人ぞ知るという槇之内接骨院ですが、特にスポーツ選手には選手寿命を長く保ちたいとか、体のケアやけがをした場合など、有効な接骨院ではないかと思います。

この治療の難点は、「痛い!」というのは我慢できますが、保険が効かないことです。

ところが、先生のお名前は「飯嶋 無円」、お名前のとおりお金儲けには無縁、恬淡としておられ、「ここらで、少し休みたい」とか、「症状が消え、日常生活に支障がなくなった」とか申し出れば快く「また、症状がでたらいつでも来てください」と快諾されます。

普通お金儲け主義でしたら、こんな人っ子一人通らない山中で開院しないでしょう。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。
  • めまい
  • 肩こり
  • 腰痛

長年にわたり積み重なった「コリ」も先生のおかげで柔らぎ、良い方向へと進んでいます。

【女性】

60数年に少しずつ積み上げられた【筋肉のコリ】は相当なもので、表面の硬さが柔らぐと、その下の筋肉の硬さが上がって来て、それが柔らぐとその下更にその奥の硬さが・・・というように、段々核心にせまって行くのですが、その途中で実にいろいろな事がまるでタイムマシンで遡って行くように起こります。
2年前に右手首を骨折したのですが、【手を入れて】いただく前は不自由なく動いて何ら問題もなく【骨折した事など忘れる】くらいでした。
実はとても硬くなっていて、【手を入れて】からはヒジから下が【だるくて重たくて疲れやすい】事に気付かされました。

槇之内接骨院で【筋肉矯正】の手入れを受け始めて2週間を過ぎた頃、私は天井がグルグル回る激しいめまいに襲われ嘔吐しました。
吐きながら【めまいと吐き気】が首の右側の奥から来ている事が分かりました。翌日も軽いめまいが残っていましたが、飯嶋先生に【手入れ】をしていただきました。
首筋の堅いコリコリに手が入るとめまいが起こりしばらく続きましたが、更に続けると【めまいは収まり】、段々と頭がクリアーになって来ました。
このように一時的には不具合が起こっては消えを繰り返して、良い方向へと進んでいってるのだと思います。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 膝痛

飯嶋先生に出会えて良かったです。ずっと悩んでいた痛みの原因まで丁寧に教えてくれました

【女性】

わたくしは、ゴルフ場のキャディを8年やっています。キャディは多かれ、少なかれ、腰痛・膝痛・肩こり・外反母趾など、体に問題を抱えている人が多いのですが、わたくしは20年前から30坪ほどの畑を借りて、エンピ1本で耕し、野菜を作っていますので、腰痛と肩こりは長年の付き合いでした。それで4年前から【気功&整体院】に時々通っていました。一時的に痛みは軽減した様に感じましたが、1月末に行ったあと痛みは全く収まらず、右手のしびれは酷くなるばかり。昨年同じ仕事場で隣の席のキャディに【肩こりしないの?】と聞きながら肩を触らせてもらった時、【何て柔らかな肩!!】と驚きました。その時、わたくしの肩と首は、コチコチでちょっと触らせただけで痛かったからです。2月に入ると、めまいが起こり、仕事に出られなくなって、【何て柔らかな肩】さんに以前聞いていた【槇之内整骨院】にその日、すぐに行きました。先生は【横になってください】と言って、すぐにわたくしの体に手を置き、移動させながらしばらく黙ったまま、体の状態を探っているようでしたが、左の腰で手が止まり、【ここ痛いでしょう】と初めて口を開きました。そこはまさに痛くて、自分でも気づくと手を当てていた箇所です。それから次々に痛む箇所に手を置かれ、【これらの痛みは、筋肉が堅くなって起こっているのです、だから筋肉を柔らかくして、体の不調を治していきます】と話始めました。【手のしびれや、頭痛、めまいもすべて筋肉を柔らかくすることでよくなりますよ】と言われましたが、そんな話ははじめて聞いたのでビックリしました。ここ数年、時々起こるめまいと吐き気は、脳内に何か問題があるのではないかと病院でMRIやCTを撮っても異常無しだったことに合点がいきました。【筋肉のコリが諸悪の根元】だと聞いてわたくしは長年自分の体に無理を強いてきたのだと解り、体の奥深くまで沈み込んだ筋肉のコリを柔らかくして頂くため、今 飯嶋先生のところに通っています。薄皮をはぐように少しずつ筋肉が柔らかくなると、その下の堅い部分が上がってきて、それを柔らかくするのを繰り返していくうちしなやかな体になっていくのだと分かったのでこの先の変化をしっかり感じたいと思います。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

ブログ

2016年12月05日
突き指 腫れ 関節

【突き指】

2016年11月09日
ひざの痛み 腰痛

【ある来院者Ⅱ】

2016年10月21日
痛み 腰痛

【腰痛、こぼれ話 Ⅱ】

2016年10月07日
腰痛 

【来院途中の会話】

2016年09月30日
手のしびれ 腰痛

【ある来院者】③

店舗情報

【店名】
槇之内接骨院
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
肩こりが和らぎ、日常生活に支障がなくなりました。
PAGE TOP