HOME メニュー お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2019.11.16

足がつらないための対策!

こんにちは♪

c36c8cf61fe6e600a18ce576f527d880_s

渡邉卓也です!

 この季節になると寒さもあいまって足がよくつるとお客様からご相談を受けます。

簡単に説明すると足がつる原因としては、

●電解質不足
〇筋肉の減少
●薬の副作用
が、主な原因と言われています!

その他にも、水分不足や冷えも体液循環の低下にも繋がるので注意が必要です。

【対策】
生活習慣や食習慣など個人によってかなり変わってきます。自分の習慣などを思い返し対策するようにしていきましょう!

1.適切な栄養摂取
電解質不足が大きな原因の一つと書きました。カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどがこれに当たります。一般的な食事をしている場合、ナトリウムとカルシウムは摂取過多になっていて、マグネシウムとカリウムの摂取が少なくなっています。とりわけマグネシウム不足は顕著なためマグネシウムを積極的に摂取するようにしましょう!

a333c2e870a8222b39287f0d562edea9_t
〈マグネシウムが多く含まれる食品〉
ほうれん草、ナッツ類、海藻など

2.運動
筋力不足と筋肉が硬いことは、足をより一層つりやすくさせます。

ウォーキングやジョギングなどは、筋肉を使いながら血液を積極的に全身に循環させるため老廃物も流れやすくお勧めです!

IMG_2711

運動後は必ず筋肉を伸ばしましょう!特に、下半身は念入りに行うようにしましょう。

3.水分摂取
年齢が高くなるにつれ体の中に保っていられる水分量は減少してしまいます。水分低下は血液の粘度を上げ、循環低下に繋がるだけでなく、細胞の働きを悪くさせ、つりやすさも上がってしまいます。

2bfa524d126b3714ec08923b8417776c_s4.冷やさない
冷えは筋肉を硬直させやすく、足がつりやすい人にとっては、こむら返りを誘発させる要因にもなります。寝る際は、冷やさない工夫が必要です!

【まとめ】
特別な対策というよりは、知っていたことが多かったと思います。もう一度原因を確認し、正しい対策を行っていきましょう!

【本日の香り】
ラベンダー
150種類以上の効能があり、特に、冷やし、緊張をほぐす作用があります。炎症や傷みを抑えます。また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなどを緩和します。

【 11月16日(土) 担当Staff 】
西口店
045-309-8941
猿橋
渡邉

東口店
045-900-1461
雨谷

横浜 ヘッドマッサージ 整体
アロマトリートメント 足つぼ 【Chillin’】

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
Chillin' ~ チリン ~
【電話番号】
050-5851-5851
【住所】
〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1-11-16-1F
【営業時間】
11:30~21:00(最終受付)
【定休日】
年始
【駐車スペース】
なし
FM yokohama出演記念☆25日(月)まで限定サービス♪
FM yokohama出演記念☆25日(月)まで限定サービス♪
PAGE TOP