HOME 治療方法 と 診療料金 お客様の声 店舗紹介 ブログ よくある質問

HOME > ブログ

ブログ

2014.04.15

ぎっくり腰 S.Hさんの場合 1

【ぎっくり腰の症例】

【施術期間】2014年4月9日から11日まで
【症状例】左腰部筋損傷(ぎっくり腰)
【患者さんの年代・性別】41歳 男性
【患者様のご来院エリア】東京都 江戸川区 北小岩
【発症原因】朝、鉄パイプを運ぶため、下を向き持とうとした時、右腰に激痛が走る。
元々左腰に継続的な痛みがあり、右腰でかばいながらの作業が、原因か。
———————————————————————————
【自覚症状】上半身を動かそうとすると、右腰に激痛がある。左腰の痛みは感じない。治療後に、上記の内容を聞く。

4月9日、11時20分、予約なしで、社長さんが
従業員の方が、ぎっくり腰になり、余りに辛そうで見ていられないと言って、
二人連れで来院しました。
当院では、予約の連絡なしで来られる事は、全くと言っていい程、ありません。
ところが、8年程前に、その社長さんが知り合いの方の紹介で、
ぎっくり腰で来られ、一度の施術で激痛から解放され、回復したから、
是非、診てほしいとの事。
患者さんにうつ伏せになって戴き、右腰の筋肉に新しい傷が鮮明にあり、
これが激痛の正体です。
左腰には、古い傷を含む硬い筋が、何ヶ所かあり、
長い間苦しんでいる様子が、ありありでした。
明らかに造反している筋肉です。
右腰主体の治療をしながら、左腰の古傷にも手を入れ、治療を終了する。
治療後、座って身体を左右に動かし、「うむ」、「うむ?」、
立って腰を左右にねじり、「うむ」、「うむ?」、「あれ?痛くない」
動かすと激痛が走っていた、腰の痛みがなくなり、
「少し違和感は残っているけど、すごく楽になった。動けます。」
と言って、お帰りになりました。

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

店舗情報

【店名】
槇之内接骨院
【電話番号】
050-5851-5863
【住所】
〒270-1402 千葉県白井市平塚364
【営業時間】
受付時間は設けていません。ご予約次第で柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
【定休日】
不定休
【駐車スペース】
<ギックリ腰>S.Mさん 70歳男性 会社員の方の治療実績
PAGE TOP